揚げ物×「ヨルノアオ」

きょうは“茄子”を使った料理から、わたしの定番レシピをひとつご紹介します。
人生で初めて行った「和食」の料理教室で習った『茄子の春巻き』です。
茄子を縦に半分した後、縦長に4等分の大きさに切って、片栗粉と塩をまぶして、3~4本春巻きの皮に並べて粒こしょうを3粒ぐらい均等に入れて(ないときはブラックペッパーでも)、最後にいつもの春巻きを巻く要領でくるくるまいていくだけ。
簡単‼なのに、とってもおいしい‼と、最初に食べた時は感動でした。
茄子の美味しさが引き立つ調理法だし、調理時間も短いし、友達が来た時にもおもてなしのご飯としても見た目も味もいい!
この目から鱗の茄子料理、知ってからというもの日々の食卓によく登場するメニューになりました。(一時期、作りすぎた時…夫に「茄子好きだね」と突っ込まれました。「茄子も好きだけど、このレシピが好きなの」と返したら、頭の上に??が浮かんでいました・笑。)
いつも作ったら、揚げ物の時によく活躍する「ヨルノアオ 太リム楕円大皿」にお行儀よく並べます。揚げ色が「ヨルノアオ」とぴったりでサイズ感もちょうどいい。

いつも揚げ物すると揚げすぎちゃうんですが…たまにきつね色にカラッと揚がると嬉しいんです。この日の春巻きは我ながら綺麗に揚がって大成功!いいことありそう!(単純・笑)

揚げ物×「ヨルノアオ」の器たちでお酒も美味しく感じる雰囲気になる気がします。ぜひ試してみてください♪

ちょっと肌寒くなってきたこの秋、揚げ物が美味しく感じる季節。
新米やお酒と一緒に楽しみたいメニューです。
今晩のおかずにどうですか?
そのままでも十分美味しいし、醤油もよく合います。

*お料理教室は「あたらしい日常料理ふじわら」さんです。
http://nichijyoryori.com/

ナカハラ

pagetop

Category