花かごのお皿、できました♪

今年2019年の春、おまけとして製作した「かごバッグ」の豆皿が、とってもかわいくできてお気に入りだったんです♪

こちらのページ 中ほどでご確認いただけます

器で「かご」をかわいく表現することができたので…今度はたくさんのお花が入った持ち手付きのかごをイメージして、小皿を製作してみました。お皿の下半分はかご、その上にお花と葉っぱ。かごの左右からは持ち手が出ていて、ぐるりとお花を囲んでいます。

お花や葉っぱの模様は、大・小いろいろなデザインの印を作り、それを押して凹凸で表現しました。
色は「old white」。old whiteは、白い化粧土を使ったクリーム色と、こげ茶・赤茶色の部分のツートンカラー。印を押して模様を作った凹部分には白化粧土を入れてクリーム色に。その周りは、こげ茶・赤茶色です。

 

 

この器の型を製作してくれたのはデザイン部・ヤマグチさん。

ちょうどこのお皿の原型(粘土で作ります)の製作をしているところに通りかかりました。何をしているのかと尋ねると、印を押す練習をしているとのこと。柔らかい粘土に印を押す作業は、一見、簡単そうですが、同じ圧力で押さないと深さが違ってきてしまうし、白化粧を入れるのにちょうど良い深さに押さないといけない。しかも、一発勝負!…ということで、何度も何度も練習して、感覚をつかんで、いざ!見事、キレイに仕上げてくれました。

 

*今月のネットショップ生活陶器 on the table のトップページに表示されるスライドショーの写真1枚目には、そんな印がたくさん写っています。「花かご皿」に使用した印も写っているので、お時間がありましたら探してみてください♪

 

かごからあふれる程のお花の模様が施された「oldwhite 花かご皿」は、ちょっと素朴な感じのかわいらしさがある1客。お料理の取り皿としても、おやつ皿としてもちょうど良いサイズです。

テーブルに置くと、お花を飾った時みたいに、ちょっと気分が明るくなります♪

 

 

この器なら、まずは四季折々のおいしいフルーツをいただきたいなと思いました。

この日はひんやりと涼しくて、秋のなかでもちょっぴり冬が顔をのぞかせたような気候。そんな日にはぴったりかもと思い、スーパーに並び始めている青ゆずを早生りんごと和えて、おやつにしました。レモンとはまた違った爽やかな味わいになっておいしいんです♪

りんごと青ゆずを写真よりも小さくカットしてお砂糖を絡ませ、数時間休ませておくと、ホットワインや紅茶にも合う感じに。

ぜひ試してみてください♪

 

「oldwhite 花かご皿」は、10月11日(金)午前11時よりご注文受付開始です。よろしければ商品詳細を下記ページにてご確認ください。

oldwhite 花かご皿

 

 

カワハラ

関連する日記

写真日記

pagetop

Category