先日参加した、「APT#207」さんでの企画展「ドクショ、の時間」に、たくさんの方にお越しいただきありがとう...

先日参加した、「APT#207」さんでの企画展「ドクショ、の時間」に、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。読書の傍らに置きたいお菓子(スコーン・パンケーキミックス)や飲み物、そして食器を集めた企画展でしたので、お菓子に似合うお皿たちを用意させていただきました。
特に、お店で一緒に並ぶであろう「tohe」さんのスコーンに似合うものは…と考え、白を中心にチャコールとオリーブグリーンの器たちをチョイス。というのも、私自身、「tohe」さんのスコーンを知った3年前からずっとずっと一度食べてみたい!と思いを寄せていたお菓子だったのです。白くて、サラサラっと英文の書かれた、直方体状のカクカクした雰囲気のスコーン。そんなスコーンを初めてみた日の驚きは忘れられません。このオシャレなモノは何?スコーン??これがスコーン??? もし、ウチの器にあのスコーンをのせるなら…と考えたら迷いはありませんでした。
そして、やっと思いをかなえる日が…。持ち帰ったスコーンをどんな器に…。迷いなく色は白。ひとつずつ違うお皿にのせたかったので、中サイズのものを3種類(この選択は「APT#207」さんにご用意したものとは異なるものもあります。好きなお菓子をのせるとなると、器選びも、何度考えても楽しいものです♪) 形はちょっと細長くて、エレガントな雰囲気のあるものを。そう、「tohe」さんのスコーンは私の中では「エレガントなスコーン」なんです。そして、もったいないけれど、でも食べないのはもっともったいないので、夕食のワインと一緒にオリーブのスコーンをいただきました(写真で中身が見えているものは珈琲味です。写真と文章がチグハグになってしまってゴメンナサイ・汗)。パッケージを開けてビックリ。大きなスコーンがひとつ包まれていると思い込んでいたのですが、平らなスコーンが3個、重ねて包んでありました。やさしい、でもしっかりと主張のある、しっとりとしたお味…。そして、そっと口を開けて食べられる…。食べてもやっぱり「エレガントなスコーン」でした。あぁ、またいつかきっと、「tohe」さんのスコーンを手にできる日が来ますように…。

ヨシザワリエ

関連する日記

写真日記

pagetop

Category