リズム

器づくりにたずさわって10年ほどになります。「作業場から」でもこれまでいろいろと嘆きつぶやいてきましたが、いつも楽しく、機嫌よく仕事をつづけるって本当に難しいものだなぁとつくづく思います。毎日多種多様何かしらの失敗があるし、夏は暑いし冬は寒い。メンバーだってそれぞれにその日の気分やら体調もあるからいつだって絶好調ってわけにはいかない。
それでもね、今日もみんなで変わらずに器づくりをしていくわけです。そのときに「リズム」ってすごく重要なんじゃないかって思っています。スーハースーハーと正しく繰り返される呼吸みたいなこと。静かでどこか機嫌よくくりかえされるそのリズムがメンバーの技術を向上させ、知識が蓄積され、お互いの関係も深化させていく、そうやっていろいろな器がつくられていくんだと思うんです。
そして、リズムがちょっと狂ってきたなと思ったら深呼吸をしたらいい。たとえば、暑さが厳しいからいろいろ工夫して作業しやすくするとか、おいしいお茶菓子や飲み物をそろえておくとか、くだらない話で盛り上がるとか、晩御飯のビールのことを想うとか、そういう深呼吸でリズムを整えるんです。
そう、おいしいビールは器づくりに欠かせない深呼吸ってことです。

作業場で一日中流れているラジオの音はリズムの大事な一部分ですね。

担当:ヨシザワヤスヒサ

関連する日記

写真日記

pagetop

Category