作家という仕事

当窯メンバーの多くはすでに作家として活動している、
「プロの陶芸家」(一名は造形作家)。
だから職業は「陶芸家」または「造形作家」ということになります。
でも、収入や待遇といった条件面では、
必ずしも割りのいい仕事とは言えないかもしれません。
(もちろんそうでない人もたくさんいると思いますが…)
その代わり、いろいろとゆっくり考える時間や
大好きなものづくりの時間がたーくさんあります。

当窯メンバーのひとりが先日、
炉内が30センチ四方というとっても小さな窯を買いました。
県外出身の彼女は、
益子に小さな工房を借りて作品づくりをしています。
小さな工房と小さな窯と小さな作業台と、
それから「この仕事をずっと続けていけたら」
っていうささやかな夢と。

「作家」という仕事、
経済的な自立はほんとうに大変で、
センス、才能とそれを表現しつづける
たいへんな努力が必要です。
でも、「いやだなぁ」とか「こんな仕事続けたくない」
そういう話はまず耳にしません。
そりゃ、くじけそうになることはたくさんあるだろうし
愚痴を言いたいことだってあるはずなんだけれど
それでもみんな楽しそう。

みんなが楽しそうにしている仕事は
やっぱりいい仕事なんだと思います。

久しぶりになってしまいましたが、
現在製作中の作品をいくつか。

持ち手のついた器をたくさんつくっています。
というか、持ち手のついた器ばかりつくっていると言っても…
その一つ。

こちらはアイスコーヒーカップです。

数字のフリーカップなども…

たくさんのご要望をいただいておりました、
フタしのぎの急須です。
粉引と黒で仕上げました。


関連する日記

写真日記

pagetop

Category