先日、益子秋の陶器市が終了しました。

先日、益子秋の陶器市が終了しました。当窯の会場にも本当にたくさんの方々に来ていただきありがとうございました。
今回から場所が変わり、つかもと広場よしざわ窯作業場の「温室」で販売をしました。11年間出店してきた「くみあい広場」からのお引越しは、陶器市メイン会場から少し離れた場所だということもあり、ちょっと(いえいえ、かなり)不安でした。離れた場所に、違う場所に、お客さまは来てくれるだろうか…。でも、テント1張のスペースでは並べられる商品はかなり限られてしまうし、入れる人数も少ない…。それならば少し広いところへ…、と思いお引越しをしました。

会場装飾は春に引き続き、RARI YOSHIOさんに依頼。「森へようこそ」をテーマに夏の終わりから準備をスタートしました。もともとお花屋さんの温室だった会場は、全面ガラス張り。天井も高く、それだけでもちょっと魅力的な空間なのですが、RARIさんとの最終打ち合わせで大まかなレイアウトと装飾が決まったときには、なんだかとても素敵になりそう!と、私たちも期待が膨らみました。緑をふんだんにつかった装飾、広い会場にたくさん並べることができた器たち、どちらも楽しんでいただけたでしょうか。

入場までにとても時間がかかってしまったことをはじめ、至らぬ点がたくさんありました。普段はネットショップでの販売なので、こんなにたくさんのお客さまとお会いすることができるなんて、想像もしていませんでしたし、楽しそうに器を選んでいただく様子を拝見できてとても嬉しかったです。今回の経験を生かし、春の陶器市の準備を進めていきたいと思います。入場方法などは、開催近くなりましたらホームページにてお知らせする予定です。そして今から、春のテーマは何にしよう…とか、陶器市初お披露目の器はどんなものを作ろうかな…とか、妄想を膨らませています。

春の陶器市には、また、たくさんの器たちをご覧いただけるよう製作に励みたいと思います。ご来場いただきましたみなさま本当にありがとうございました。入場までたくさんお待ちいただいた方々、お待たせしてしまって本当にごめんなさい。
ぜひまたお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

追伸:装飾に使った緑たちは、大きな大きなリースにして入口に飾りました♪

pagetop

Category