「oldwhite おうち皿」の試作品を見たとき、どこか絵本の中で見たことのあるような雰囲気だな…と思いまし...

「oldwhite おうち皿」の試作品を見たとき、どこか絵本の中で見たことのあるような雰囲気だな…と思いました。そして、このお家の周りに金平糖を置いたら、まるで夜空に輝く星のようになるのでは!しかも、それが甘くておいしいお星さまだなんて、ちょっと素敵…。そう思ってから、「oldwhite おうち皿」の周りのお星さまになってくれる、かわいらしい金平糖を探していました。
そして見つけたのが、「浮き星」という愛らしいお菓子。「浮き星」とは、金平糖のように見えますが、もち米(あられ)に砂糖蜜をかけた新潟の伝統的なお菓子。もともとは「ゆか里」という名前で、なんと115年も続くという貴重なものなんだそう。でも残念ながら、近年は販売が縮小傾向に…。そこで、新潟でさまざまなモノやコトをクリエイトしている「hickory03travelers」さんが、この伝統的なお菓子がずっと続いて欲しいという思いから、キレイな色合いをミックスしてもらい、かわいらしいイラストを添え、「浮き星」という名前で提案しているそうです。ミントやカフェオレ、いちご、ユズ、抹茶などのお味があってどれも魅力的♪ そのまま食べるのはもちろんですが、紅茶やコーヒーに浮かべても。最初はコップの底に沈んでいるけれど、数秒で回りのお砂糖が溶けはじめて
ぷかぷかと浮いてくるんです。その様子はまさに「浮き星」。アイスクリームやヨーグルトにトッピングしてもいいそう♪ 「oldwhite おうち皿」と一緒に写真を撮った後は、お茶時間のかわいらしいお供になってくれそうです♪
*「oldwhite おうち皿」は、10月24日(月)夜10時20分から販売開始予定です。

ヨシザワリエ

関連する日記

写真日記

pagetop

Category