おもいこみ

毎日仕事をしていて、
「あたりまえ」と思っていることが皮下脂肪のように
知らず知らずのうちにまとわりついていることに気づくことがあります。
どういうときかというと、
「あたりまえ」と思っていたことが実は間違いだったり、
別のもっと上手な仕方を発見したりしたときです。
そういうときはがっかりするし、
ずいぶんと遠回りしてしまったなーと後悔したりもします。

どんな仕事でも同じかもしれませんが、
器づくりをしていくうえで「経験」はすごく大切だけれど
「あたりまえ」という思い込みはなるべく持たないほうがいい。

というのも、窯焼きの仕方をほんの少しだけ変えてみたところ、
思わぬ色合いの変化が生まれました。
「ほんの少し変える」のに何年もかかっていました。
「あたりまえ」という思い込みが邪魔をして
ほかにあるいろんな仕方を遮ってしまっていたんだと思います。

思い込みはなるべく捨てて
いろいろと試してみたほうが思いがけない結果に出会えて
楽しいはずですよねー。

知らず知らずにくっついてくる皮下脂肪といろんな「あたりまえ」には
くれぐれも気を付けたいものです。

愚痴のようなひとりごとになってしまいました。
製作中の作品をご紹介します。

ナリヨシ製作の「シュール」な猫とリスのスプーン。
「シュール具合」が絶妙だと思います。

それから、新しい形のお皿たち。

「カッティングボード」をモチーフにした深さのあるお皿と
「手つきトレイ」のミニバージョン、
もうすぐご紹介できます。

それから大変ご好評いただいている「oldwhite 蒸しカップ」が
順調に製作進行中です。

関連する日記

写真日記

pagetop

Category