メモの効用

以前から「メモ帳」を持っていたのですが、しばらく使ったらやめてしまい、また少ししたら使い始めてまたやめて…そんな繰り返しでした。そう言えばスマホのメモ機能を使っていたこともあったなぁ。一週間くらい前から数ヶ月前まで使っていた小さなメモ帳をまた使い始めたのですが、実は今回はちょっとした「試み」があるのです。それは仕事のことをあれこれと頭の中で考える一種の「妄想」量を減らそうというもの。どういうことかと言うと、これまで仕事に関わるあれやこれやの切れ端みたいなものが頭の中にいつも一定量あって、無秩序にグルグルと駆け回ったりダラダラと居座っていたりしたのです。「明日はこれをしなきゃ」「あれはどうなったかな?」「忘れてる大事なことないかな?」「あそこに電話するの忘れた」…一つ一つはシンプルだし、たいしたことじゃないんだけど、頭の中を何回転かグルグルしているうちに複雑に絡み始めて、しまいには何だかほどきにくくなってしまっている、そんな感覚を覚えることがありました。
だから頭に浮かんだことをメモ帳に書いていく。で、メモ帳に書いたことは次にメモ帳を見たときにしっかりと考えて行動する(それまではいちいち思い出さない、考えない)。終わったら(解決したら)太いペンで消していく。これでもう家に仕事の切れ端を持ち帰らなくていいのです!いいはずです!!
ちなみに明日のメモには「ホワイトデイ」と書いてあるので買っておいたお菓子を持ってこようと思います。でもきっと忘れてしまうので左手の甲に赤字でメモをします。メモのメドレーリレーです。

担当:ヨシザワヤスヒサ

関連する日記

写真日記

pagetop

Category