30年後

世界有数のあるインターネット企業の創業者が「30年後は誰も想像することができないくらい変化している」って何かで言ってたのをよく思い出すんです。AI(人工知能)が目覚ましく発達して自動運転のクルマが走り、無人の大型ドローンタクシーが空を飛び回り、ロケットで海外旅行そして宇宙旅行が当たり前になり・・・。
「誰も想像できないくらい変化する」というのだから、これくらいの変化ではすまないのかもしれません。平均寿命から逆算するとどうにか30年くらいは生きられそうなのでぜひ見てみたい。自動運転のクルマにも乗ってみたいし、空飛ぶタクシーにも宇宙旅行にだって行ってみたい。その世界ではどんな服を着て、どんな家に住んで、どんな晩御飯を食べて、どんなテレビを観てるのか、「想像できない変化」を必死に想像してしまいます。ちなみにその「想像」には昔よく観ていたドラえもんの未来の世界の映像がちりばめられているのです(笑)
一方で彼はこうも言ってました。「数十年前、私のおじいさんは毎日18時間休みなく働いて「忙しい忙しい」と言っていた。お父さんは12時間以上働いて「忙しい」と毎日言っていた。今私たちは週に5日8時間ほどしか働いていませんがすごく忙しい。30年後はきっと週に2,3日せいぜい4,5時間しか働かなくても良い時代になっているはずだけど、それでもやっぱり忙しいと嘆いているに違いない。」と。
どんな便利な変化も慣れてしまえばただの「当たり前なこと」なわけで、さらに都合の良い変化を期待してしまうのかもしれません。今と変わらないってことか。。。いや、そうだとしても自動運転のクルマとドローンタクシーには乗ってみたい。

縄文時代からずっと続く「器づくり」はこの変化の激しい時代にはとても想像できないくらいに変化しないことの一つです。「なんでうまくいかないんだろう?」って数千年同じことで頭を抱え続けてるんです。きっと。

担当:ヨシザワヤスヒサ

関連する日記

写真日記

pagetop

Category