4月28日~5月6日に開催された「益子 春の陶器市」が先日無事終了しました。

4月28日~5月6日に開催された「益子 春の陶器市」が先日無事終了しました。私たちのよしざわ窯会場にも、本当にたくさんの方に足を運んでいただきありがとうございました。メンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。
「温室」に場所を移してから2回目となった今回も、会場装飾を那須在住のクリエーターのRARI YOSHIOさんにお願いしました。前回の秋とはまた違った、ピンクを基調にしたデコレーションが出来上がったときには、私たちもちょっと感動しました。半年に一度、実際にお客様に器を手に取って選んでいただける機会ですから、めいっぱい楽しんでいただけますように…、その気持ちを表現することができたかな…と思っています。
今回は、今までにはない試みもありました。ひとつは、5月1日のスズランの日にちなんで「スズランの日の器」を製作したこと。スズランの日とはフランス発祥のイベントで、この日に愛する人やお世話になっている人にスズランを贈るというもの。もらった人には幸運が訪れる…と言われているそうです。よしざわ窯の「スズランの日の器」を使ってくれる人たちにも幸運が訪れてくれたらいいな…と思っています。
もうひとつは、生活陶器「onthetable」のリアル販売です。新型・新色を含め、この日のために用意した約50種類の器をご紹介しました。会場内に器が並んだときには、私たちもこんなにたくさんの器がある風景は見たことがない!
と思うくらいでした。
宇都宮の人気カフェ「マルヨシ」さんが会場前にキッチンカーで出店してくださったことも、とても嬉しいことでした。その場で焼いてくれるチキンやメイプルビスケット(焼いているときにはと~ってもおいしそうな匂いがしてくるんです)はとてもおいしかったですし、その場で絞ってくれるフレッシュフルーツのソーダなどの飲み物はお客さまはもちろん、私たちの喉も心も潤してくれました!
そして、今回の陶器市でとても嬉しかったことがありました。それは、会期前半、20分の入替制で販売をしているとき「お買い物終了のお時間で~す!」とお知らせすると、「あ~楽しかった!!」という声が。聞けば、当日整理券を手に入れるために夜中の12時に山形県を出発して益子までいらしたとのこと。そんな遠くから、そんなに早くに…。そして、楽しかった!と思っていただけるなんて!本当にありがとうございます。
また秋の陶器市では、遠くからわざわざ益子に足を運んでくださるみなさまに、お買い物が楽しかった!と思っていただけるよう、メンバー一同がんばりたいと思います。本当にありがとうございました!

ヨシザワリエ

pagetop

Category