益子町にオリンピックの聖火がやってきました!

いつからだったか、町内のあちこちに立てられた看板。

 

そうなんです。

本日、よしざわ窯のある益子町に、聖火がやってきました♪

聖火ランナーの走るコースは、作業場から歩いてすぐの場所。

時間もお昼休みなので、実はとても、とっても楽しみにしていたんです。

 

先週あたりの天気予報では、「春の嵐」なんてワードも飛び交う心配な感じだったのですが…昨夜の風雨が嘘のように、見事に晴れ♪

 

 

交通規制が敷かれ、満開の桜の咲くなか、聖火の到着を待ちました。

 

見渡せば、いつもの益子の街並みも少し変化。

のぼりが立てられ…(たぶん朝の出勤時には、まだなかったと思うんです)

 

 

陶器市の時に、メンバーがお借りしていた建物には、大きな横断幕が。

 

 

つくりメンバーの数人と一緒に、人が少なく広い場所に移動して…

もうすぐかな~と待っていたら、お囃子の音が聴こえてきて♪

益子のお祭りに欠かせない音色に包まれて、いよいよです。

 

 

TOKYO 2020 OLYMPIC TORCH RELAY

花火の音を合図に、始まりました。

車のナンバーも2020だ~!なんて気を取られていたら…

 

 

聖火ランナーの登場です!

通り過ぎるのはあっという間でした。

メンバーからは「子どもたちにも見せたかったなぁ」という声も。

今はテレビやネットでいつでも動画を見ることができるけれど、その場の緊張感や周りの人の動き、温度、風、音、香り…「体験する」というのは、やっぱり画面で見るのでは得られない何かを、感じ取れる気がしました。

 

 

聖火リレーは25日に福島県から始まり、今日で5日目。

様々な深い想いを胸に抱き、聖火をつなぐランナーたち。

応援できたのはおひとりですが、益子町では、計5人のランナーが聖火をつないでいったようです。

 

ランナーの前後には、機動隊、消防車、救急車、パトカー等々…たくさんの車が並んでいて、それだけでも普段とは大きく違う光景になっていました。

車も人も多くて、新緑がきれいで、田んぼではカエルが鳴いていて…少し歩くと、すぐに日焼けしてしまうくらいの日差し。

なんだかいつもの春の陶器市の頃にそっくりで、懐かしく、ちょっぴりさみしく感じました。

 

 

去年に引き続き、今年の春も、「いつものよしざわ窯の陶器市会場」での陶器市開催はありません。

(*ネットショップ上で何か開催する場合は、決まり次第、メルマガでお知らせいたします。)

 

“New Normal”を受け入れて、当たり前になってきたこの頃ですが、やっぱり「いつもの」が恋しくなりますね。

以前と同じ「いつもの」は、きっと難しいから、どうにかこうにか、ちょっと新しい「いつもの」を作っていけたらいいなと思いました。

 

まずはオリンピックが、ちゃんと終えられることを願います。

 

_ _ _ _ _ _ _

今日カメラを構えたのは、人がちらほらいる程度の場所でしたが、同じ通り上で人が集まっている場所も、県外ナンバーの車もたくさん見受けられました。

これから聖火ランナーを応援に行く際には、マスクや消毒等、感染対策をしっかりして、どうぞお気を付けくださいね。

_ _ _ _ _ _ _

 

カワハラ

関連する日記

写真日記

pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。