懐かしの手作りクッキー

只今プレビュー中の「こどもに器の楽しさを♪」では、よしざわ窯の器の中でも、食べ物、お花、自然のものなど、子どもたちが食事の時間にテーブルに座るのが楽しくなったり、家族みんなで賑やかなご飯の時間を過ごせそうな器たちを集めてみました♪

今回ご紹介するのは全部で7種類。そのうちのひとつ、「oldwhite とんがり屋根のおうち皿」には、幼いころのお家での思い出を辿って、母とよく作った”手作りクッキー”がとっても似合いそう…幼いころにこの器があったら、クッキーをのせて使いたかったな…と、ちょっと童心に帰った気持ちに。

私がお菓子作りに興味を持ったのは小学校、2~3年生の頃。母が一緒にやってみる?と言って教えてくれた“型抜きクッキー”がきっかけだったんです。
可愛い形にこんがりと美味しく焼きあがるクッキーは幼い私にとって、とってもとっても魅力的で、いろんな形の型を試したり、味を変えてみたりして、母から色々なクッキーを学びました。
中でも、食紅を混ぜた赤い生地をちょこんとのせた花形のクッキーが大好きで何度も何度も作った記憶があります。
久しぶりにその思い出のクッキーを焼いて、食べる分だけ「oldwhite とんがり屋根のおうち皿」に並べました♪ ちょっといびつな懐かしのホームメイドクッキーと、おうちの形のお皿で、ほっこりと優しい雰囲気のおやつが完成。

 

「oldwhite 大きなおうち皿」と並べて使えば、まるで街並み風にも。テーブルにできた街に小さな友達(おもちゃ)を招いて、街のストーリーを作りながら使っても楽しそうです。

手作りしたお菓子を友達にプレゼントするというのも、おやつ作りのひとつの楽しみ。子どもたちに「何枚プレゼントする~?」と相談しながら、家用と友達の家用で分けて、プレゼントを用意するのも素敵だと思います。
子どもたちのおやつの時間のあたたかな思い出のお皿になりますように。

追記:小学生の頃から、高校時代まで頻繁に作っていたこの食紅を使ったお花のクッキー。高校生の時にも、仲の良い友人に度々このクッキープレゼントしていたので、友人たちの“これ懐かしい!”という声が聞こえてきそうです。

ナカハラ

*「こどもたちに器の楽しさを♪」の7種類の器たちは、8月5日(月)夜10時20分~販売予定です。

関連する日記

写真日記

pagetop

Category