苺のデザートを新作「ウサギのおしゃもじ皿」にのせて♪

最近は朝のニュースで天気予報士の方が「きょうは春のあたたかさです」と教えてくれる日もあり、その言葉を聞くとちょっと気分が上がります。栃木県は関東圏と言えど、そんな予報と反してまだまだ寒い日が多いですが、もう来月は3月だと思うと、春はすぐそこまでやってきているなという感じがします。
楽しみな春の季節、この時期に決まって食べたくなるのは大好物の「苺」です♪
「いちご王国」というキャッチコピーを持つ我が県は苺の生産が盛んで、12月頃からスーパーや直売所に新鮮な苺がずらりと並び始めます。
出始めは値段が高く手が出せないのですが、春に近づくにつれ少しずつ安くなるので、2月頃から私はお財布の紐を緩めて、自分へのご褒美感覚で苺を買っています。
先日、少し傷んだ苺を見つけた日には…
「ホーローバットで作るうちのお菓子」の本から「いちごミルクプリン」を作りました。苺1パック丸ごと鍋で煮詰めて作るプリンなので、傷んだ苺にぴったりのレシピなんです♪

ホーローバットに流し込んで固めて、半分ほど残しておいた苺のソースを上からかけて完成♪♪ ジャムをかける前の苺のつぶつぶが見える姿も可愛らしかったので写真に1枚納めました。

そこで…
昨年製作した「こぐまのおしゃもじ皿」「シロクマのおしゃもじ皿」に続き、おしゃもじ皿の動物バージョンの第2弾として、この冬誕生した 「子ウサギのおしゃもじ皿」「ウサギのおしゃもじ皿」ができあがってきたので、さっそく「いちごミルクプリン」をのせて使ってみました!


「子ウサギのおしゃもじ皿」「ウサギのおしゃもじ皿」はそれぞれ別々で使っても可愛いのですが、個人的に大・小サイズ違いを並べて使うと、ウサギの家族みたいになってさらに可愛い気がするんです♪
そんなことを考えながら、夫・娘・私・・・と自分の家族を想像しながらテーブルに並べてみたら、家族写真みたいでほっこりしました♪ 娘はまだ幼くて食べられないのですが、いつか色々食べられるようになった時にこの器をサイズ違いでこんな風に家族で仲良く使いたいなと思っています。

このウサギさんたち、色は「グレージュ」をかけたのでちょっぴり大人っぽい感じも気に入っています♪ 落ち着いた雰囲気なので、他の器との組み合わせもしやすく、コーディネートが楽しいアイテムだと思います。
大皿に一緒にお菓子を並べる時に使っても可愛いかなと思って、「ホワイト 八角洋皿 大」にのせてみました。まるでウサギがお菓子のパーティーをしているみたいでほっこり♡
テーブルの上を楽しい気分にしてくれるウサギのおしゃもじ皿でこの春の食卓作りが今から楽しみです。

追記:ウサギは多産な動物なので、海外では豊穣と繁栄の象徴とされている存在なのだそう。縁起の良いウサギさんを色々な器と組み合わせてコーディネートを楽しみながら使ってみてください。プレゼントにも喜ばれると思います♪

*「子ウサギのおしゃもじ皿」と「ウサギのおしゃもじ皿」は8日月曜日の夜10時20分~販売予定です。

 

ナカハラ

 

関連する日記

写真日記

pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。